読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕たちは奴隷じゃないブログ

奴隷以下の労働環境から抜け出して、人間らしい生き方を目指すブログです

即戦力求む!!に潜む闇

労働観 日本の風潮

日本の社会はブラック企業で溢れ返っていて、各社様々な都市伝説を生み出している。なかでも求人情報などは特に伝説を生みやすい。「アットホームな職場!!」「頑張れば◯◯万円可能!!!」「若手が頑張れる企業!!!!」などなど、なかなか香ばしいフレーズで溢れかえっている。

続きを読む

エスカレーターに見る偽善に満ちた日本人の心の美しさと、日本の悪習

日本の風潮

最近すごく違和感を感じる事がある。

日本人のエスカレータの乗り方に関する、逆らいづらい暗黙のルールについてだ。

続きを読む

3.11の赤飯

 3.11の卒業の日の給食に、赤飯を出すことに反発している教師がいるというニュースを見た。

 

 震災と個人の卒業は全く別物である。それを、大の大人が区別をつけず、「不謹慎である」という訳のわからない言説を展開していることに僕は驚愕した。

 

続きを読む

理想的な労働環境を勝手に妄想してみた

僕は30記事を投稿するということを、このブログ運営の第一目標にしていた。なのでこの30記事目を、どのようなものにしようか悩んでいた。という理由でほぼ一ヶ月ぐらい、ブログの投稿をサボっていた。

 

と、とにかく(汗)この記念すべき30回目を、日本の労働環境に対する強烈な批判にしようと考えていたが、ここはひとつ発想を変えてみて、「僕が勝手に思っている、理想的な労働環境」 について考えてみようと思う。

 

続きを読む

殺人を犯しても罪に問われない先進国「にほん」

労働観

過労死や過労自殺というものは「殺人」だ。

人を殺した人間や組織は、殺人罪に問われるのは当たり前のこと。

 

だが日本の現状では、過労死、過労自殺は法律的に殺人にならない。

それどころか過労で人が死んだとしても、「その責任は企業側にあるのか」ということすら、裁判で争わないと追求できない。

たとえ裁判によって企業側に責任があると判断されても、過労を強いていた人が殺人罪に問われ投獄されることはないし、企業自体のうのうと営業を続けることができる。

 

続きを読む

ホワイト企業が日本の労働観を狂わせてる

労働観

僕は「ホワイト企業」という言葉が大嫌いだ。

「ブラック」に対する言葉として「ホワイト」を選んだんだと思うのだが、「ホワイト」という言い方をすることで、なんだかその企業が特別であるかようなイメージが付いてしまう。

 

逆効果である。

 

続きを読む